ライフスタイル

宮世琉弥の出演ドラマは?アイカツ主演の伊達花彩が妹?本名は? 

今後ブレイクするであろうイケメン俳優・宮世琉弥(みやせりゅうび)。

 

若手の登竜門と呼ばれる資生堂シーブリーズのCMに2020年大抜擢されたり、昨年放送のTBSドラマ「恋する母たち」でも重要な役どころを演じて顔を見ればピンとくる人も多いのではないでしょうか。

 

そんな宮世琉弥さんのプロフィールやデビューのきっかけなどまとめていきます。

 

また、妹が地方アイドルの伊達花彩さんがという噂も耳にしましたので調べていきます。

 

そもそも宮世琉弥ってどんな人?妹はアイドル!?

 

 

2004年1月22日生まれの17歳(2021年2月現在)

 

宮城県出身

 

176cm 体重不明 血液型AB型

 

所属事務所はスターダストプロモーション(神木隆之介さんや佐藤健さん所属の大手芸能事務所)

 

本名は亀井琉弥で、2019年2月に苗字を公募して現在の芸名「宮世琉弥」になりました

 

苗字の由来は出身地の城県から界に羽ばたけるようにとの想いが込められています。

 

趣味はファッション巡りと映画鑑賞。

 

特技は野球、ギター、ムーンウォークなどなど。(趣味がファッション巡りというだけあってかなりのおしゃれさんですね。)

 

2011年の東日本大震災で被災した経験から、東日本大震災関係の作品に出演するなど携わっていきたいという願望があったようです。

 

 

妹が3人おりその中の1人が伊達花彩さんで『いぎなり東北産』というアイドルグループに所属していました。

 

『いぎなり東北産』とはスターダストプロモーションの中のアイドルグループであり、姉妹グループにはももいろクローバーZ、TEAM SHACHI、私立恵比寿中学、たこやきレインボーなどがいます。

 

 

スポンサーリンク



デビューのきっかけとデビュー後の活動

 

 

東日本大震災の復興支援で宮城県にやってきたももいろクローバーZの百田夏菜子さんを見て感銘を受けました。

 

大勢の前で歌い、踊り、皆に元気を与え、輝いている姿を見て「自分も人を元気づける仕事がしたい」と思ったようです。

 

そんな中、あのももいろクローバーZも所属しているスターダストプロモーションからスーパーでスカウトされます。

 

スカウトを受けスターダストプロモーション仙台営業所で研究生として「EBiDAN SENDAI」にて活動。

 

EBiDANとは恵比寿学園男子部の略であり、スターダストプロモーションの若手や新人の俳優で構成された演劇・アーティスト集団のことです。

 

その後、2018年8月に「M!LK」に新メンバーとして加入するものの、約1年半後の2020年1月に俳優業に専念する為、M!LKを卒業しました。

 

現在では俳優業はもちろんのこと、ファッションショーにも出たりと活躍の場を広げています。

 

 

出演ドラマは?

 

出演ドラマは2021年2月現在で8作品です。

 

有名なところでいきますと、「恋する母たち」や「青のSP―学校内警察・嶋田隆平―」、「FAKE MOTION –たったひとつの願い-」に出演しています。

 

中には1話のみの出演作もありあますが、2019年4月の「パーフェクトワールド」でのドラマ初出演から着々と出演を重ねてきています。

 

まだ、主演作はありませんが近い未来、初主演が決まる可能性もあるのではないでしょうか。

 

最後に

 

今回は今後ブレイクすること間違いなしの宮世琉弥さんについて書かせて頂きました。

 

まだ主演作はないものの若手の登竜門と呼ばれている資生堂シーブリーズのCMにも大抜擢されたりと宮世琉弥さんの主演作を見られる日はそう遠くないかもしれません。

 

演技力はもちろんのこと、ダンスボーカルユニット「M!LK」での経験を活かした歌やダンスの方面での活躍も期待です。

 

ぜひ宮世琉弥さんについてチェックしてみて下さい。

-ライフスタイル