ライフスタイル

iPhoneでマスクしながら顔認証できる?FACE ID設定方法とやり方は?

このコロナ禍で外出時にはマスクを着用することが当たり前となりました。

 

マスクをしているとメガネが曇ったり、呼吸がし辛かったり様々な問題があります。

 

その中でもiPhone X以降(2代目iPhone SEを除く)を利用している人にとってはiPhoneのロック解除を顔認証で行う「FACE ID」がマスクをしていると認証されないことも悩みの一つではないでしょうか。

 

今回はiPhoneの「FACE ID」という機能をマスクを着用していても使えるのかというテーマでまとめていきます。

 

 

マスクをしながら顔を認証させることは可能?

 

結論からいいますと可能です。

 

裏技のような方法にはなりますがそのやり方は以下の通りです。

 

まず登録してあるFACE IDをリセットします。

 

新たにFACE IDを登録するわけですが、ここでひと工夫!

 

マスクを縦半分に折り顔の半分だけ(右半分or左半分)マスクを着用したような形でFACE IDを登録します。

 

「顔の認識が妨げられています」とメッセージが出たり、なかなか登録できなかったりしますが、めげずに続けて下さい。

 

続いて「もう一つの容姿をセットアップ」で先ほどとは反対側のマスクをして登録する。

 

実際にマスク姿で認証させるか確認。認証されたら成功。

 

成功してもなかなか認識されないことも思います。

 

その対策として認証させるときは鼻が多めに出るようにマスクを下に引くと認証率があがります。

 

もう一つ、「FACE IDを使用するには注視が必要」をOFFにするといいみたいです。

 

これは画面を見ていないとロック解除できないようにしている設定です。

 

しかし、自分の顔がないと解除できないとはいえ、セキュリティー性は下がるので注意が必要です。

 

例えば寝てても顔が写れば解除されてしまいます。

 

これでこの設定をする前よりは格段と便利になります。

 

問題点としてメガネをしていたり帽子をかぶっていたりすると高確率で認証されません。

 

また、マスクの柄や色が違うと認識されないこともあるので、毎日違う色や柄のマスクをする人にとってはこの裏技は無意味化もしれません。

 

 

スポンサーリンク



OSのアップデートで多少改善された?

 

2020年5月頃の「IOS13.5」にアップデートすることでマスクをした状態でロック解除をしようとすると今までよりも早くパスコード入力画面に切り替わるようになりました。

 

先ほどのマスクを半分づつFACE IDを登録するという裏技を使わなくても多少早くロック解除をすることができるようになりましたが、パスコードを打たなくてはなりません。

 

条件的に可能であれば、前述のFACE ID登録の方が便利です。

 

 

今後「Apple Watch」でもっと便利になる?

 

現在開発中の「IOS14.5」では裏技のような方法ではなくマスクを着用しながらでもロックを解除できるようになるようです。

 

しかし、これには「Apple Watch」が必要です。

 

簡単にいうとFACE IDのロック解除をする「顔」という鍵の代わりに「Apple Watch」が鍵になるという仕組みです。

 

顔で認証できないと判断するとペアリングしているApple Watchが近くにないか探し、あればロック解除をしてくれます。

 

実際に使ってみた人のコメントでは顔認証でロック解除する時と同じくらいのスピードでロック解除できたとのことです。

 

まだ実装はされていませんが、Apple Watchを持っている人にとってはとても便利な機能ですね。

 

まとめ

 

 

今回はマスク着用中でもiPhoneのFACE IDでロック解除についてまとめました。

 

 

  • 裏技のような方法にはなりますが、マスク着用した顔を登録す           ることは可能。
  • 過去のアップデートで、顔認証ができなかった時パスコード入力画面の表示が早くなった。
  • 近日アップデート予定のIOS14.5ではAPPLE WATCHを持っていれば顔認証ができなくてもロック解除できるようになる。

 

 

今後3つ目のアップデートがくれば一部の人は今まで通り、若しくは今まで以上にFACE IDでのロック解除はノンストレスになるかと思います。

 

しかし、Apple Watchを持っていない人も多く、その人たちは今までと変わらないということになります。

 

Apple Watchもだいぶ普及してきててビジネスシーンでも違和感は当初よりは減ってきました。

 

しかし、やはりフォーマルさには欠けてApple Watchをスーツにすることに抵抗のある人、会社的にNGな人は少なくありません。

 

私もその1人です。

 

いつまで続くかわからないこのコロナ禍ですが、今は顔認証よりも指紋認証の方が便利だと考えます。

 

また、コロナが終息してマスク生活が終わったとしてもインフルエンザの季節わ花粉症の季節にはマスクをする人が多くいます。

 

かと言ってマスク着用時でも顔認証できてしまうとセキュリティ面で不安もあるので難しい問題ではありますが、何か新しい策で更に便利になるといいですね。

 

-ライフスタイル